群馬から横浜へ緊急転院

次に気づいたのは病院。
どうやら地元の病院に連れてこられたようだ。

友達がてきぱきと妻とのやりとりを行ってくれていた。
相変わらず頼りになる奴らだ。

先生から「すぐにでも手術をしないといけないがここではできない。どこか行きつけの病院はあるか?」と聞かれた。

何度かお世話になった大学病院の名前を答える。

しばらくして「6時間後に来れるのであれば受け入れることができる」と回答があったと聞かされる。
そして「民間の救急車が手配できたから転院します」と伝えられる。

友達も民間救急車に同席し6時間の道のりを共にしてくれている。
本当にありがたい。
僕の記憶は途切れ途切れ。
渋滞にハマって到着が少し遅れた事は記憶している。

そして、病院に搬送される。
「やっと会えたね」と言う声がした。

おそらく妻がそこにいたのだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です