週末トレランのフトコロ事情

投稿日:

トレイルランナーのフトコロ事情
今回のテーマはお金。
誰しもアタマを悩ますこのテーマ。
今まで、意識的に見ないようにしてきましたが、キャンプトレランを検討する中、お金の工面が必要になったこともあり、正面から向き合ってみることにしました、

僕の場合奥多摩方面、本番想定で7時間の行動。
1時間に1回ジェル補給、ムサシ1Lで考えます。

ジェル:250円×7個=1,750円(実際は半分も飲みません)
補給食:500円
ドリンク:440円(MUSASHI・1L)
交通費:700円×2回=1,400円
下山後の温泉:1,000円
ご飯・ビール:1,500円
—————-
合計:6,590円/回(月間26,360円)

うわぁー!
やっぱりかかってた。
計算しなけりゃ良かった・・・(゜_゜i)。
(実際はここまでかかってない・・・と思いたい)

でも、これが現実(でないと願いたい)。
カイゼンはここからがスタートです。

行動食:2,690円→1,000円(自作しよう!)
温 泉:1,000円→ 450円(いわゆる銭湯を探す)
下山飯:1,500円→1,500円(ウーン (Θ_Θ;))
交通費:1,400円→1,400円(ひとまず据え置き)
—————-
合計:6,590円→ 4,350円(月間17,400円)

行動食と温泉の見直しで34%削減が可能!
月間、約-9,000円
さらに切り込むには、下山後の飯とビールの削減。
ここはなんとか守りたい所ですが、キャンプグッズ費用捻出のために期間限定で削減というのもなくはない。
ただ、あまりに切り詰めすぎると反動も大きいので、今回はひとまずこれでやってみましょう。

銭湯はここで検索すると分かります 東京都公衆浴場業生活衛生同業組合

少し移動すると駅前に結構ありますね。
これはいい。

ということで、しばらくは行動食の自作に取り掛かります。
目下のテーマはこちら。
・ジェルの自作
エナジーフードの自作

こうご期待

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です