空も飛べる☆箱根外輪山トレイルランニング(右回り)記録

投稿日:

箱根外輪山トレイルランニング
3回目の箱根外輪山トレイルランニング。
今回は右回りです。
先週はハセツネ3OKコースを試走しましたが、猛花粉に辟易。
箱根外輪山は杉が少なく、まだ大丈夫だろうとの判断によります。
行ってみるとやっぱり杉は少なく快適でした。

今回のテーマは「スタミナ」です。
最後まで、心を抜かれる事なく完走する事ができるか。
そこが問題です。

結果、できました。
やっぱり要は補給ですね。
金時茶屋のコーラが効きました。おにぎり補給の際は大1個食べるのがよさそうです。
ジェル系の口に残る甘さが得意ではないので、うまい補給の方法についてこれから勉強です。

さて、今回のトラブルは2つ。

トレイルランニングジャーニーも終盤に近づき、頭の中がビールと温泉のことでいっぱいになってきた頃、ふと、気づきました。
「そういや、お金あったっけ?」
「確か、金時山山頂の金時茶屋でコーラを買ったときは、千円札なかったような・・・」

急いでサイフを確認すると、そこには紙モノはなく、丸い金属片ばかり。
数えると、たったの592円。

風呂入れねぇぇぇぇ!

残り5kmにして、お先真っ暗。
このまま走り続けると、風呂に入れないという現実が待っている。
何とかせねば。。。
焦りがつのります。

箱根は物価が高いのです。
日帰り湯でも安くて750円。
当然こういった所はニコニコ現金払いが基本です。

刻一刻とゴールは近づきます。
頭の中は、ビールと温泉が一転し、現金の工面でいっぱいです。
「ビールとメシはカードで何とかなる。

問題は、ニコニコ現金払いだ

既に最後のポイント阿弥陀寺に向かう下りに入りました。
こんな時に限って、足の調子がいい。
どんどん下れます。

阿弥陀寺まで最後の100m。
あはぁ!っという短い叫びを残して、

僕は空を飛びました。

スローな視界の中、必死で手をつく先を探します。
しかしあるのは岩ばかり。
「こら、あかん」
そう思ったら、後は衝撃に耐えるまでです。
全身に力を入れ、全身の不時着に備えます。

「・・・」

不幸中の幸いでした。
両膝をしたたか岩に打ち付け、
口の中と唇を切り、一時流血となったものの、
大事には至りませんでした。

今回は、たまたまハイドレーションに真水を入れてたのがよかったです。
ひとまずゆすぎ、怪我の状況が分からないのでカメラで自分撮りして状況確認。
口の中を切ったので血が出たようです。

程なくして阿弥陀寺に到着。
不謹慎ながら、水屋で顔を洗い、口を洗いさっぱりしました。
既に血は止まっていました。
膝はジンジンしていますので、これから腫れるでしょう。

でも、これで、風呂に入らない口実ができました。
打った所は温めてはいけません。
つまり、風呂は入れません。
温泉はやめておけってことでしょう。

口の中は切れていようとも、ビールは飲みます(キリッ)!
クレジットカードの使える店を探したのですが、
なんと箱根湯元駅前はそこそこ高そうなお店でもカード使用不可なのです。

聞くこと5件目にして、カードOKのお店に出会いました。

それがこちら。
湯葉丼 直吉
湯葉丼 直吉
ご飯の上に、湯葉とおだしをかけていただきます。
うまい、がおおよそ想像通り。
予想外だったのは、わさび漬けのうまさ。
あぁ、うまいなぁとしみじみ感じます。
うまさに気をよくしてビール二本目追加。
湯葉丼 直吉 げんこつ揚げ
今度は、げんこつ揚げを頼みました。
やっぱりうまいなぁ。
練り物最高!

お店はとてもおしゃれで落ち着けます。
箱根湯本という場所柄、デートのカップルがたくさん。
おしゃれな雰囲気を満喫していました。
お値段は、箱根価格ですが、友達を連れて行くには良い選択でしょう。

終わりよければ全てよし。
満喫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です