夢見心地の箱根外輪山一周。トレイルランニング

投稿日:

芦ノ湖を一望。気持ちのよいトレイル
先週日曜日。箱根外輪山一周トレイルランニングしてきました。
走行距離:36.98km
走行時間:9時間18分(うち45分道迷い)

いやはやはや。大変でした。。。
しょっぱなから、45分間の道迷い。
雪・氷・泥の「風雲たけし城」的コンディション。
雪のトレイル
泥のトレイル
山頂峠を含めて10もの登り下り。
久しぶりに見た夕焼けに心が折れ、挙句のナイトトレッキング。

がしかし!景色最高。
しんと静まり返る雪道を走る息遣いだけが響くトレイル。
金時山から望む雄大な富士山と樹海。
心に染み入る夕焼け。
そしてどこからともなく匂う硫黄の香り。

ふと後ろを振り返ると、1歩1歩踏みしめてきたトレイルが視界奥深くまで伸びています。
「本当にこんなに来たんだ」
久しぶりに感じた夢見心地。

そして、前を振り返ると残り半分・・・嗚呼。

「帰りたい」という思いをぐぐっとパックの底に押しこめ、
「ビール・温泉・天丼」を掛け声に9時間と少しで到着することができました。

これを書きながら知ったのですが、実はこのコース
「THE NORTH FACE エンデュランス ラン OSJ ハコネ 50K」のコースの一部だったのですね。
知らなかったのもそのはず、実はこのレース。
2007年の第一回大会で終了しているのですね。
何でもその理由は、環境省箱根自然環境事務所の理解を得ることが出来なかったからだとか。
最近はトレイルランニングが町おこし的に活用されるようになってきました。
箱根の魅力を伝えるひとつのイベントとして復活しれくれるといいと願います。

が、50K走れって言われると無理です。
今回かなりやられた感の強い37kmでしたが後13kmなんて、ブルブルブルブル。
まだまだひよっこですわぃ。

さて今回走ったのはこの箱根50kmとは逆回りのコース(通称一人前コース)です。
芦ノ湖の南側、関所跡をスタート地点として、箱根外輪山をぐるりと時計周りに走りぬけます。
到着地点は箱根湯本駅。
温泉が出迎えてくれます。

越えるべき山・峠は約10コ。
 山伏峠(1,035m)→三国山(1,101m)→長尾峠(911m)→丸岳(1,158m)→乙女茶屋(1,005m)→金時山(1,212m)
 →矢倉沢峠(963m)→明神ヶ岳(1,169m)→名星ヶ岳(924m)→塔ノ峰(566m)

金時山がちょうど半分くらいになるのですが、
そこからが結構きつかった。
走りながら横手に見えていた大きな山。
「これは登らない山だろうな、ハハハ」とカラ笑いで吹き飛ばした壁のような山「明神ヶ岳」。
大変でした。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です