ハセツネ30K準備できたぞ

ハセツネ30K装備一覧

さて、明日に控えましたハセツネ30K。
今日は準備の日です。

2013年1月から始めたトレイルランニング。
初の大会出場です。

マラソン大会すら出たことのない初心者ですから、
今週頭から大変緊張しております。

後学のために持ち物を記録しておきましょう。

行動食

前回のハセツネ30K試走の時に試してよかったのがMUSASHI。
30KならMUSASHI1Lとジェル3個でOK。最後30分ほど前に空腹が来たのでその対策は必要と感じました。
というわけでパワーバーをプラス(でも、カタイからやだな。おにぎりにしようかな・・・)。
そして、第三関門・入山峠までのペースダウンに備えて、コーラ300mlをプラス。
ジェルはあらかじめサロモンのハイドラパック237mlに入れていきます。
甘いのが苦手なので、ポッカレモン少々、Medalist少々を混ぜ、水で割るとGood!

  • ハイドレーション MUSASHI・1L
  • コーラ 300ml
  • 水200ml
  • パワージェル(トロピカルフルーツ)×3
  • パワーバー(バニラ)×1

ウェア類

シューズはいつものCrosslite。といってもこれしかありません。
今回の初物として、SLINSのパワースリーブ、サロモンの手袋、R×L Socksが入ります。

  • 靴:LA SPORTIVA Crosslite
  • 靴下:R×L Socks TRR-30G
  • シャツ:ノースフェイス ジップTシャツ
  • インナー:ファイントラック フラッドラッシュ スキンメッシュ ノースリーブ
  • パンツ:CW-X
  • パンツ:モンベル  トレール ランニングショーツ
  • アームウォーマー:SKINS スポーツパワースリーブ
  • サンバイザー:アシックス
  • 手袋:サロモン XTウィング2 S-Labグローブ
  • 時計:ガーミン Forerunner305

パック・中身

第一関門の入山峠以降はストック使用可です。
苦手のロード。中でも第二関門に向かうまでの醍醐林道。この登りを何とかしたい。
ということで、ストックを検討しておりました。
今後のトレイルランニング、テント泊縦走も視野に入れて考えると、ツェルトポールとしても利用したいために、カーボンストックはちょいと強度的に不安があります。
ということで、アルミポールを選択。
ブラックダイヤモンドのディスタンスにしました。
天気はよいそうなので雨具はいらないと思うのですが、必須装備ですのでね。

  • パック:サロモン Advanced Skin S-Lab12
  • ストック:ブラックダイヤモンド Distance110
  • 雨具:モンベル トレントフライヤージャケット
  • 雨具:モンベル バーサライトパンツ
  • ウインドシェル:モンベル U.L.サイクルウインドジャケット
  • エマージェンシーキット

水類を入れて背負うのは合計3kgくらいでしょうか。
初大会なのでまずは完走を目指します。
問題は第一関門までの渋滞。
スタートから取り付きまでどれだけ走れるかにかかってますね。
それだけが心配です。
天気もいいみたいですので、楽しんで行ってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です