トレランテント泊を考える

こんな所でキャンプしたいぞ
ここ毎週トレランに行っております。
だいぶ走れるようになってきたので、夢は広がり、温かくなったらテント泊トレランもしたいなぁ、と考えております。

さて、考えるべきは超軽量グッズをどうするかです。
幸い昔のキャンプグッズは手元にないので1からの検討となります。

必要なのはこんな所でしょうか。
・テント
・シュラフ
・マット
・バーナー
・コッヘル

そうしてここ2時間ほど調べていると、どうやら諸先輩方の行き着くところは自作のようです。
テントやスタッフバックはOMM(Outdoor Material Mart)で素材を買って、縫う。
シュラフは背中の部分がない、キルトというシュラフを自分で縫って、ダウンを詰める。
バーナーはアルミ缶などを使ってアルコールバーナー、ゴトク、風防を自作する。
さすがにコッヘルはそうもいかないので購入するわけだが、アルコールバーナーとゴトクと風防が収まるようなものを選ぶ。
何かを得るには何かを犠牲にしなければならず、それは食事と居住空間の快適性。
食事はアルファ米系で済まし、居住空間は最低限、安全に寝られることが条件。
という感じであることが分かりました。

テントは用件によって求めるものは異なってきますが、僕のテン泊トレランで考えると、LOCAS・GEARが作っているシェルター式がよさそうです。
これくらいなら自作できそうです。
シュラフのキルト自作はちょっと骨が折れそうなので、ダウン上下をシュラフ代わりにしてシュラフカバーで寝る形がよさそうです。
マットは上記、シェルター式で考えると、床がないので厚みのあるサーマレスト ネオエアーがよさそう。

自作は好きなので楽しみが増えてきました。

ものすごい情報量。大いに参考にさせていただきました。ありがとうございます。
Pickup=Lightup

いろいろと調べている中に、こんなものがありました。
好評の「山岳遭難ピンチカード」を無料配布いたします
もらっとこうかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です