ストックシェルターについて#1

投稿日:

マウンテンハードウェア サミットロケット209月21-23日。
20Lのザックにテント泊装備一式詰めて、北アルプストレイルランニングに行ってきました。
使ったザックはマウンテンハードウェア サミットロケット20。
名前の20が示すように、そう、たったの20Lなんです。

実は秋のテント泊で20Lザックというのは結構キビシイものがあります。
何も考えずに通常道具を使用すると、とても収まりきれないこのサイズ。
前回、南アルプスに行った時、モノが多すぎてこのザックには入きれず、通常登山スタイルで涙を呑んだ過去があり、今回の北アルプスはそのリベンジ魂が燃え盛りました。

そして、1つひとつの道具の重さをハカリで計り、達した重量、たったの7kg!
見事20Lのザックに収まりました。

その立役者は言うまでもなく、ストックシェルターです。
その重量、たったの230g。
500mlのビール缶より小さく軽いのです。

前回の南アルプスではモンベルのステラリッジ2型で約1.6kgありました。
ストックシェルター約7個分。

これだけ軽いと、標高3000m弱の高山でもサクサク走れます。

以下はサミットロケット30L

さて、次はストックシェルターについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です