「靴底と紐」でまず10キロ

投稿日:

ワラーチで走ってみた
先日作ったワラーチで10キロ走ってみました。

結果、以下のようになりました。
・ヒラメ筋が張った。
・鼻緒ズレで皮がむけた。
・踵の内側がワラーチからずり落ちそうになった。
ワラーチで走った(After)

でも、これは履き続けたいと思いました。

それは、
・「靴底と紐」で走れるという目からウロコ的シンプルさ
・モノ(靴)に踊らされていないという嬉しさ
そして、何より、
・風が足を通り抜けるきもちよさ

がそう思わせるのでしょう。

ワラーチは靴下すら履いていないので、とにかくきもちいいんですよ。

覆うモノがないって素晴らしい。
ひょっとして、ハダカで走ったらもっと。。。

いやいや。
それはいかん。
とにかく、ワラーチはきもちいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です