胸の前で三角形をキープしてみよう

投稿日:

仕事が終わって、急いで帰って、そそくさと打ちっ放しに行ってきました。

課題はドライバーのスライスです。

実は、前回のショートコース後のドライバーがスライスばっかりで、気持ちが悪かったんですね。
これをなんとかしたかった。

たまたま、松山英樹のスイングを見ていて「えらいブレずに振れるなぁ」と感心してた、実はこれなんじゃね?と閃いてしまった訳なんです。

閃いたポイントはという、三角形を崩さず、胸の前から離さないという所です。

よく、雑誌とかで言われてるんですけどね、イマイチピンとこなかったから全く無視してた。

松山英樹のスイングはこれがとても分かりやすかったのでピンときたわけです。

これはやらないかんと、そそくさといつもの打ちっ放しに向かい練習開始。

まずはいつもの打ち方。
あれ?
スライスなんないよ?

でも、しばらくすると出てきた出てきた。

三角形を意識しないでやると、打ち急ぐからか胸が先行して開いているのがよく分かる。
ゆえに、ヘッドが返らずスライスとなってるワケだわね。

三角形を意識してやると、打ち急げないからか、いい感じでヘッド返ってストレートが出たのです。

ああ。これだ。。。

たまにタイミングが合わず、バラバラになる事があったりしてぎこちなさが残るけど、始めたばっかりってのはなんでもそうだと思う。

調整しながら、じっくり取り組もうと思います。

さて、今日は雪。
傘を持つと振りたくて仕方がないのを何とかしなくては。。。
[sankakuten]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です