東急ゴルフパーク多摩川で雨の5周

投稿日:

多摩川ショートコース(東急ゴルフパーク多摩川)に行ってきました。
日曜日は完全雨予報だったので、コースはガラガラガラ。
ハーフ1時間程で回れる楽しい一日でした。
3周目から雨が降ってきて、最後の5周目にはしっかりした雨。
カッパを持っていたので問題なかったですが、係員さんからも「このラウンドで終わりですか」と有無を言わさぬ雰囲気で言われ、撤退と相成りました(クラブも滑るし潮時でした)。
土日廻り放題が5980円ですから約1200円でショートコースをまわれた形です。
費用対効果は良いですね。

さて、そんな多摩川ショートコース(東急ゴルフパーク多摩川)。
初めてボギープレー(36打/パー27)でまわる事ができました。

収穫はワンオンこそできなくとも、2オンの安定感がでてきたこと。
コースも分かってきたので、戦略的アプローチができたことです。

課題はパターと方向性。
パターはオープン気味に出ており、自分の認識以上にクローズ方向に打たないといけない事が分かりました。
これは身体に染み込ませる練習が必要です。

アイアンでの大崩れはほとんどなくなりましたが、フック基調でした。

ショートコースが終わってから打ちっ放しに行ったのですが、これは捻転不足が原因だと分かりました。

ドライバーも同じです。

これはダウンスイング開始からヒットまでの間の身体の回転距離はおおよそ同じとした場合、ダウンスイングスタート角度が浅ければスライス。
深ければストレートになるとの仮設によります。

この仮説は当たりました。
グダグダだったドライバーは生き返りました。

感覚としては、テークバックからのダウンスイング時「背中方面に打ち出す」そんな感じです。

これでちょうどいい。

さて、家に帰ってトレイルランニングのメインレースUTMF(170km/48時間)にエントリーしました。
ゴルフを始めてから、まったく走るトレーニングをやっていません。
ちょっと走ったら息が切れる始末。
3月15日の丸の内倶楽部のラウンドを最後に僕の今年のゴルフシーズンは一旦終了です。
UTMFに向けたトレーニングに時間を充てたいと思います。

[sankakuten]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です