今日やろうと思うスライス改善点

投稿日:

スライサーはアウトサイドイン軌道。
半ばスライサーの定義のように言われております。

アウトサイドインとは、ドライバーのヘッドが外から中に向かって入ってくるということなんだけど、どう考えても思い当たるフシはない。

「そんな事あるかいな」

と思ってビデオを見返していると、

「ほんまや」

ってなりました。
主観ってあてにならないですね。

しかし、本人は全く自覚がないのに、何でアウトサイドイン軌道になるんや、と思い調べてみたら、今度は「シャフトクロス」という言葉に行き当たりました。

「シャフトクロス」とは何かというと、こんなやつ。

シャフトクロス1

って俺やないかーい。
立派になっとるがな、シャフトクロス。

シャフトクロスとはトップのシャフトの向きが、飛球線(ボールの飛んでいく方向) に交差して右を指している状態の事です。

シャフトクロス2

・赤線が飛球線
・青線がシャフトの方向
・緑線が飛球線と平行なシャフトの方向

古いビデオと見比べると、どうやら初めからクロスシャフトだったワケではなさそうです。
そうなり始めた(崩れはじめた) のは、松山英樹のテークバックを真似しはじめてから。
それ以降のトップはシャフトクロスになってます(涙)。

ちなみに以下の記事「アマチュア120人のスイング分析で分かった事」のスライスを打つ人の傾向がバッチリ当てはまっていました。

原因が分かれば後は行動あるのみ。
まずは改善点を意識せずに振れるくらいまで素振りをして、打ちっ放し練習場で試してみて。
改善精度を高め、実戦で使えるようにしていきたいと思います。

スライスを直すポイントは以下の7つ。

  • シャフトクロスしない
  • テークバックでフェースを開かない
  • テークバックでヘッドをインに引き過ぎない
  • 切り返しでコックがほどかない
  • アーリーリリースをしない
  • ダウン後半で右手を下にしない
  • インパクトで頭を残す

今日もイーグルスゴルフで50球、集中してまいります!
[sankakuten]

コメント コメントを追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です