ユピテルのゴルフスイングトレーナーを比較してみる

ユピテルのゴルフスイングトレーナー購入の承認が降りたのて、ただいま、検討中。

しかし、いろんなバリエーションがある。

わかんないので軽くゴルフスイングトレーナーを比較してみようと思う。

型番はGST-で始まる。
Golf Swing Trainerの頭文字をとっているのだと思う。

現行機種は以下の3つ。

GST-3シリーズ

GST-3
GST-5
GST-6

GST-3は3種類ある。
GST-3B (BasicのB) ※
GST-3 A (AdvanceのA) 売ってない
GST-3 Pocket ¥16,200
※GST-3 Bと同等のGST-3B ¥7,200 がある

GST-3Bがベースグレードで、
GST-3 Aがそれの発展版。
GST-3 PocketはAの軽量化版。

大きな違いは、マイクロSDカードを使ってパソコンでデータを取り込めるか否かと、
電池式か充電式か。

BはマイクロSDなしの電池式。これが基本。
AはマイクロSDありの電池式。
PocketはマイクロSDありの充電式。
ゆえに、軽く半分の薄さ(18mm) になっている。

GST-5シリーズ

GST-5は4種類。
GST-5 GL ¥8,100
GST-5 W ¥9,990
GST-5 Cam ¥21,416
GST-5 Arc ¥32,400

GST-5 GLはマイクロSDなしの電池式。
厚みは12.4mmとGST-3Pocketより既に薄い。
GST-5 WはマイクロSDありの充電式。
GST-5 Camは上に加えてカメラが付いてスイングチェックができる。
GST-5 Arcはセンサーを取り付けてスイング軌跡やらフェース開閉チェックができる。
CamやArcは機能が増えた分厚みは増えて20mmでカラー画面。値段は大きく上がる。

GST-3とGST-5を比較するなら、
電池式、microSDなしの、
GST-3BGST-5 GLが良い。

サイズは同じ。
5シリーズはスピード表示の下限が増えたのでグリーン前とかのアプローチも計測できるようになった。
そして、スイング回数のカウントがついた。

個人的にはスイングカウントはどっちでもいいけど、スピードの遅いアプローチが測れるのは必須。
だから5がいい。
そして、パソコンで記録しておきたいので、GST-5 Wにしようと思う。
(本当は5シリーズでmicroSDありの電池式が欲しいんだけど、ない。。。)

CamとかArcは高い。
カメラはiPhoneでできるし、スイングチェックに縛られる(あると気になる) のは好きではない。

GST-6 は5と何が違うの?
サイトの説明も全く同じにしか見えません。。。
[sankakuten]
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です