スライス改善 グリップとヘッドの位置

投稿日:

ストロンググリップを試しに今日もイーグルスゴルフで50球。

今回はストロンググリップに加えて、テークバック時のヘッドの位置が後ろに行き過ぎないように改良をしてみた(捻転はしっかりと行う)。

僕のスライスはヘッドの遅れが原因。
グリップを短く握れば返ってくるけど、長く持てば返ってきません。
いかに確実にヘッドを返すかが課題です。

ドライバーではヘッドが後ろにあればあるほど、身体の正面に戻るまでに時間がかかります。
その間に身体が開いてスライスになる。
そう考えたわけです。

また、フェアウェイウッドは

「インサイドアウト」の軌道にならないように、まっすぐ引いてまっすぐ振る。

http://www.443-golf.com/mobile/fairwaywood.html

との情報もあり、フェアウェイウッドも改良してみました。

結果、全面的に良くなりました^o^

ドライバー

ストロンググリップに加えて、テークバックを後ろに引きすぎない形に変更。
横振り幅が減り、スライスがなくなった。

アイアン

強い打球になった。
コントロールも悪くない。
安心感はこれから。

フェアウェイウッド 3・5

ストロンググリップに加えて、テークバックをストレートに後ろに引く形に変更(前は後ろに回転させていた為、横振りになっていた) 。
若干のスライスは残るものの、使えるレベルになった。

今週末に北谷津ショートコースに行こうと思うので、みっちり仕込んできます。
[sankakuten]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です