ユーロプレート取り付けについて

投稿日:

プジョー307 CCの契約時に、ひとつお願いをしていました。
「ユーロプレートを付けたいのでナンバー交換時に挟めないか?」と。

「いいっすよ」。

軽く返してくれましたが、昨日「できなくはないですが、あまりしたくはない」という旨の電話がありました。
理由は、ユーロプレートは白色反射塗料が塗られており、判断的にはグレーなんですけど、認証工場としてはあまりしたくないというもの。

薄々分かってたんですけどね。
ネットで調べると、そんなQ&Aはざくざく出てきますから。

でも、そうなる根拠はどこかにあるはず。
そうして調べて、やっと見つかりました。

道路運送車両の保安基準の細目を定める告示【2010.03.22】
別添 52(灯火器及び反射器並びに指示装置の取付装置の技術基準)

3.10. 2.5.に規定する灯火等は、赤色の照射光又は反射光を前方に向けて
照射し又は表示してはならず、かつ、後退灯を除き灯光の色が白色である
灯火又は反射光を後方に向けて照射し又は表示してはならない。

http://www.mlit.go.jp/jidosha/kijyun/saimokubetten/saibet_052_00.pdf

結論出ました。
白の反射材はいけません。

ユーロプレートを付けたいなら、反射材を剥離するかシールなどにするかです。

僕は。。。反射材を剥離して再塗装しようと思っています。
さて、どうなるでしょうか。
こうご期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です