車のブレーキを(自分で)交換しようと思いまして・・・

車のブレーキを(自分で)交換しようと思いまして・・・。
結局、レッカーに持ってかれました。

あれは、先週の日曜日の午後のことです。
わが愛しのカー、プジョ子ことPeugeot307cc。
先日の車検で、ブレーキが減ってますから変えてくださいと言われ、とりあえず車検は通しました。

ネットで調べると、ブレーキパッドは楽勝。ブレーキローターは比較的楽勝という感じだったので、自分でやることにしました。
型番を調べてAmazonで購入。

重い油圧ジャッキと、ウマ4脚を持って近くのホームセンターへ。
隅っこに陣取り、そそくさとタイヤを取り、車をジャッキアップします。
IMG_0796

ブレーキパッドは楽勝で取り外すことができ、
ブレーキローターにかかります。
が、キャリパーを固定するねじが固い・・・。

ジャッキのバーにレンチを差し込み、てこの原理を最大限活用して、なんとかかんと取り外し、
後は、ブレーキローターを取り外すだけ。

が、取れない。。。

熱で固着しているのでしょうか。

サービスホールからねじを押し込んで、押し出すという手があると知り、やってみましたが、びくともせず。
その日は雨が降りそうなこともあり、全て元通りにしてから帰宅しました。

翌日もチャレンジ。
一瞬で、昨日の状態まで戻して、再度、ブレーキローターを外しにかかります。
ハンマーでガンガン叩くも、日曜日の朝の町にむなしく音が響き渡るだけです。

もう一度、サービスホールからねじを押し込んで、、、でも無理。
抜こうと逆回しをしている時、「フヌッ」と気の抜けた回転が。。。

と思った瞬間、ねじ切れてました。
IMG_0816
OH,,,orz。

もう、ローターどころではありません。
ねじ切ったねじを抜かないとだめなんですけど、結構な力で入ってるものなので、これは破壊するしか方法はないと判断。
ドリルを持ち出し、まずは細い穴をあけ、徐々に太くして、ねじを破壊する方策を取ります。

まずは細いドリルでゴリゴリと、、、開かないねぇ、
と、ドリルを引き抜いたつもりが、うん?
なんで穴が埋まってるの?

なんと、ドリルの先が空けた穴に入ったまま、先が折れておりました。

はい、終了~。

そそくさと、近くの工場に話をつけ、レッカーがないとのことなので、保険屋にレッカーの手配を済ませ、プジョ子は工場いき。
IMG_0824

残念。

だれか、固着したブレーキローターの外し方を教えてくれー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です