オプティマ イエロートップに交換

投稿日:

イエロートップ。これはすごい。
以降の車購入の際は有無を言わさず、替えようと思った。

プジョー307CC発売は2004年。
10年以上前の車をつい最近買った。

ネットで出てくる情報はおおよそ10年近く前のもの。
故障などの情報もおおよそ出尽くしている感もあり、意外と便利だったりする。

プジョーはバッテリーが突然死する。
ネットではそんな情報がたくさんあった。

原因は、おそらく日本とおフランスの気候の違い。
エンジンの横にバッテリーが鎮座しており、
既に熱帯と化した日本の暑さには耐えられず突然死するらしい。

また、中古車はバッテリー交換必須との情報もあり、そそくさと替えることにする。

前車ではアンプをつけてDIYオーディオカーとしていた。
何度かバッテリーも上げた。

音質にこだわるならオプティマバッテリー。
そうは聞くものの、結構高い。

せっかく車を変えたのだから、車代に含まれていると思って、エイヤっと買ってみた。

買ったもの

オプティマバッテリー イエロートップ YT925S-L / YTR3.7L」。
カーオーディオ雑誌によく登場する黄色のかっこいい奴だ。
赤と黄色と青があるのだが、赤はセル回しが強い、黄色は全体的に安定、青はマリン用と記憶した。

Amazonで25,490。
充電済みでやってきた。

近くのホームセンターの駐車場で交換。

プジョーのバッテリーをオプティマに交換

サイズはぴったり。純正と入れ替えるだけ。

プジョー純正バッテリーとオプティマバッテリー

注意点

・バッテリーのプラス端子が前面にあるが、
 マイナス端子にアクセスするのは手間だができなくはないので
 めんどくさがらずマイナスから外そう
・交換後はウィンドウが上がらない
 上げたり下げたりしながら学習させよう
・なぜだから右ウィンドウだけ、30分以上上がらなかった
 あきらめずに頑張ろう

効果

これは、ホントウに驚いた。
オプティマに変えるべきだ。

おおよそ誰でも分かるレベルでオーディオはクリアになった。
低速が力強くなった(故障してるんじゃないかと思うほどローが鈍い)。
シフトショックが少し減った。

耐久性も2倍くらいあるというし、次回車を買ったら、有無を言わさず交換すべきものだと思った。

コメント コメントを追加

  1. ひで より:

    こんにちは。
    たしかコンピュータか何かの関係で、あろうことかプラスから外すのが仕様の様ですよ。何も無かったようで、問題無いかと思いますが。。。

    私も2年使われているバッテリーを今月交換します。効果が楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です