篠笛自作1本目

いてもたってもおられず、作ってみることに。
先日購入した蘭情の笛を真似してみる。

まずは唄口をあける。
詰め物をする。
音を調整する。

甲音しかでず、呂の音がほとんどでない。

唄口の形をいろいろといじっていたら、
どんどんと縦幅が広がっていき、再起不能に。。。

しかたがないか、と思い、他の穴をあけるも、気持ちがなえてしまっているせいか、あけ方も雑。
パリ、っという音とともに、割れる始末。

「はい、失敗」

ということで、1本目。あえなく失敗。
でも、意外と音が出るものは作れる。

学んだこと

唄口は慎重に
特に縦径。
唄口の形は要調査。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です